logo

謹賀新年

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

 

2019年も園田競馬をご愛顧いただきますよう、よろしくお願いします。

 
新春競馬は1月2日、3日、4日の開催です。どうぞお楽しみください。

兵庫GT2018フォトレポート

第18回『兵庫ゴールドトロフィー(JpnⅢ)』が行われ、3番人気のJRAウインムートが3番手から差し切って優勝。これで第1回から18年連続JRA馬が優勝となった。

 

2着には逃げたサクセスエナジーが粘り、3着には地元のキクノステラが食い込んだ。断然の1番人気だったキクノステラは5着に敗れた。

 

昨年の2着馬、岩手競馬の雄ラブバレットが残念ながら出走取消に。スタート前にゲートで突進したサンライズメジャーが除外となった。

 

勝ったウインムートは初めての重賞勝利。兄のドリームバレンチノ(2013年)に続く兄弟制覇となった。騎乗した和田竜二騎手は、兵庫のダートグレードレースは2勝目。管理する加用正調教師は、リミットレスビット(06年、07年連覇)、ドリームバレンチノに続いて同レース4勝目を挙げた。

 

 

兵庫ゴールドトロフィー(JpnⅢ) 最終オッズ
馬 名 所属 年齢 負担
重量
騎手 馬体重 前走差 変更
情報
単勝式
オッズ
複勝式
オッズ
1 1 サクセスエナジー JRA 牡 4 57.0 松山弘 541 9   3.8 1.0-1.5
2 2 サンライズメジャー JRA 牡 9 56.0 大野拓 493 13 競走除外    
3 3 キクノステラ 兵庫 牡 6 51.0 岡部誠 533 1   37.1 2.1-4.8
4 4 サハラファイター 兵庫 牡 5 51.0 大柿一 523 1   666.9 40.4-99.9
5 5 リッパーザウィン 兵庫 牡 6 51.0 鴨宮祥 526 5   121.8 7.2-18.5
6 ウインムート JRA 牡 5 57.0 和田竜 514 -4   9.8 1.5-3.3
6 7 エイシンヴァラー 兵庫 牡 7 56.0 田中学 515 3   91.0 6.0-15.2
8 サクラレグナム 高知 牡 9 52.0 赤岡修 514 3   69.3 2.7-6.3
7 9 ラブバレット 岩手 牡 7 54.0 山本聡 計不   競走除外    
10 エイシンバランサー 兵庫 牡 6 56.0 下原理 484 8   13.4 1.5-3.2
8 11 アールプロセス 兵庫 牡 7 55.0 川原正 524 9   51.0 3.1-7.5
12 マテラスカイ JRA 牡 4 58.0 吉村智 511 -1   1.3 1.0-1.2

 

◆出走馬

 

①サクセスエナジー(JRA)

 

②サンライズメジャー(JRA)〓競走除外〓

 

③キクノステラ

 

④サハラファイター

 

⑤リッパーザウィン

 

⑥ウインムート(JRA)

 

⑦エイシンヴァラー

 

⑧サクラレグナム(高知)

⑨ラブバレット(岩手)〓出走取消〓

⑩エイシンバランサー

 

⑪アールプロセス

 

⑫マテラスカイ(JRA)

 

10頭立てとなった兵庫GTがスタート。

 

逃げると思われたマテラスカイのハナを叩くサクセスエナジー。

 

マテラスカイは2番手から。ウインムートがそれに続く。

 

その後ろに地元期待のエイシンバランサーとエイシンヴァラーが追走する展開に。

 

3コーナー手前で、エイシンバランサーが早々と後退して行く…。

 

今年もJRA優勢のまま4コーナーへ。

 

2番手のマテラスカイの手応えが怪しくなり後退して行く。

 

3番手に待機していたウインムートが直線で追い上げる。

 

逃げるサクセスエナジーが粘り込を図る。

 

3番手に後方にいた軽ハンデのキクノステラが追い込む。

 

前に2頭が並ぶゴール前。

 

わずかにウインムートが捉えきった!

 

園田で2勝目の重賞勝ちとなった和田竜二騎手。

 

兄に続く同レース勝ちで、これからの地方競馬ダートグレード戦線での活躍が楽しみとなった。

 

写真:斎藤寿一

 

 

第18回 兵庫ゴールドトロフィー:情報ページ公開中!

『第18回 兵庫ゴールドトロフィー』
12/27(木)

(25日17:00更新)

出走馬枠順、過去10年間のレース結果など
盛りだくさんの内容です。是非ご覧ください。
>ページはコチラから
レースは12月27日(木)発走!!

園田金盃2018フォトレポート

年末を飾る大一番、グランプリレースの『園田金盃』が行われ、ファン投票1位に選出されたマイタイザンが堂々と逃げ切って金盃初優勝。同馬は今年の重賞3勝目、通算6勝目のタイトルとなった。騎乗した杉浦健太騎手は今年4勝目で、通算9勝目の重賞勝ち。管理する新井隆太調教師は、今年は重賞5勝目で、通算9勝目の重賞制覇となった。

レース結果はコチラ>>>

 

 

◆出走馬

第61回 園田金盃 最終オッズ
馬 名 所属 年齢 負担
重量
騎手 馬体重 前走差 変更
情報
単勝式
オッズ
複勝式
オッズ
1 1 エイシンホクトセイ 兵庫 牡 7 56.0 板野央 482 -5   255.7 19.0-38.6
2 2 ノブタイザン 兵庫 牡 5 56.0 渡瀬和 481 -15   133.5 14.6-29.6
3 3 タガノゴールド 兵庫 牡 7 56.0 笹田知 480 8   2.3 1.0-1.5
4 4 エイシンミコノス 兵庫 牡 5 56.0 大山真 531 6   59.3 3.6-7.0
5 5 ミッレミリア 兵庫 牡 5 56.0 廣瀬航 466 3   316.3 27.9-56.7
6 マイタイザン 兵庫 牡 5 56.0 杉浦健 526 -4   2.6 1.1-1.5
6 7 サウスウインド 兵庫 セン 7 56.0 赤岡修 457 -13   35.1 3.4-6.5
8 エイシンニシパ 兵庫 牡 5 56.0 吉村智 517 -2   19.1 2.4-4.5
7 9 キクノソル 兵庫 牡 8 56.0 田中学 527 -3   16.3 1.7-2.9
10 タガノヴェリテ 兵庫 セン 6 56.0 下原理 483 0   3.7 1.2-1.9
8 11 クイントゥープル 兵庫 牝 4 54.0 鴨宮祥 449 -2   326.0 17.3-35.0
12 ピークトラム 兵庫 牡 7 56.0 大柿一 481 -6   274.5 35.5-72.4

 

①エイシンホクトセイ

 

②ノブタイザン

 

③タガノゴールド

 

④エイシンミコノス

 

⑤ミッレミリア

 

⑥マイタイザン

 

⑦サウスウインド

 

⑧エイシンニシパ

 

⑨キクノソル

 

⑩タガノヴェリテ

 

⑪クイントゥープル

 

⑫ピークトラム

 

きょうも抜群のスタートを切るマイタイザン。

 

2番手に連覇を狙うサウスウインドが付ける。

エイシンニシパが3番手、内にエイシンミコノス

 

その後ろにタガノヴェリテ、キクノソル。1番人気タガノゴールドは中団からの競馬となった。

 

スローで流れていたペースが、向正面からピッチが上がる。

 

タガノゴールドはなかなか前との差を詰められないでいる。

 

4角手前。手応え十分のマイタイザン。サウスウインドは苦しくなり後退…。

 

内をすくってキクノソルが接近。外からはエイシンニシパが迫る直線。

 

タガノゴールドもようやく追い上げるが、4番手まで。

 

3頭が熾烈な争いを繰り広げる!

 

最後はマイタイザンがクビ、クビ差の接戦を制して優勝!

 

杉浦騎手の渾身のガッツポーズ。

 

デビューから常にコンビを組み、通算15勝目。重賞6勝目を獲得した杉浦騎手。

 

今年行われた古馬の1870m戦をすべて勝ったマイタイザン。今年の中距離界の王者として君臨した。

 

写真:斎藤寿一

 

1 2 3 4 5 56