logo

5月号クローズアップ更新、座談会「さらば、平成」他

5月号更新しました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
クローズアップ:座談会「さらば、平成」
出演者:木村 健(調教師)/三野孝徳(騎手会相談役)/北防 敦(競馬キンキ)/司会:竹之上次男
>CLOSE UPはコチラから

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
コラム:乗峯栄一
タイトル:「園田文化を思う」
>コラムはコチラから

菊水賞2019フォトレポート

園田競馬の平成最後の重賞『菊水賞』が行われ、断然人気の支持を集めたジンギが2番手から抜け出して快勝。3歳三冠初戦を楽々と制した。同馬は『園田ユースカップ』に続く重賞2連勝。騎乗した田中学騎手は、これが父を超える重賞51勝目となった。管理する橋本忠明師は、今年早くも4勝目で、通算15勝目の重賞制覇。

 

 

レース結果はコチラ>>>

 

第51回 菊水賞 最終オッズ
馬 名 所属 年齢 負担
重量
騎手 馬体重 前走差 変更
情報
単勝式
オッズ
複勝式
オッズ
1 1 エナキョウ 兵庫 牡 3 56.0 吉原寛 526 20   5.1 1.4-2.8
2 2 ベストプレゼント 兵庫 牡 3 56.0 永島太 487 -2   203.9 29.6-70.9
3 3 セイウンクロノス 兵庫 牡 3 56.0 大柿一 435 -8   97.2 10.2-24.1
4 4 テンマダイウェーヴ 兵庫 牡 3 56.0 杉浦健 502 2   15.5 2.7-5.8
5 5 インペルフェット 兵庫 牡 3 56.0 永井孝 428 -7   290.7 39.3-94.2
6 6 エイシントカチ 兵庫 牡 3 56.0 廣瀬航 440 -15   63.8 5.8-13.4
7 ジンギ 兵庫 牡 3 56.0 田中学 453 3   1.7 1.0-1.1
7 8 バンローズキングス 兵庫 牡 3 56.0 吉村智 473 -2   11.6 1.7-3.4
9 ベルリーフ 兵庫 牡 3 56.0 下原理 447 11   14.4 2.0-4.3
8 10 アイオブザタイガー 兵庫 牡 3 56.0 大山真 470 -3   5.0 1.2-2.0
11 オオエフォーチュン 兵庫 牡 3 56.0 山田雄 466 14   24.0 2.8-6.1 

 

◆出走馬

 

①エナキョウ

 

②ベストプレゼント

 

③セイウンクロノス

 

④テンマダイウェーヴ

 

⑤インペルフェット

 

⑥エイシントカチ

 

⑦ジンギ

 

⑧バンローズキングス

 

⑨ベルリーフ

 

⑩アイオブザタイガー

 

⑪オオエフォーチュン

 

満開の桜の下、幕が開く。

 

アイオブザタイガーが逃げる展開。

 

ジンギが2番手に。テンマダイウェーヴが3番手。

 

よどみなくレースは流れていく。

 

スタートで出遅れたエナキョウも追い上げを開始。

 

直線では楽々とジンギが抜け出してくる。

 

2番手争いはテンマダイウェーヴとエナキョウに2頭に絞られた。

 

2歳王者テンマダイウェーヴがしぶとく2着を確保。

 

最後は5馬身差を付ける圧勝でジンギが一冠制覇!

 

「レース前は緊張しました」と心中を吐露する田中学騎手。遂に、父の重賞勝利数を超える51勝に到達。

 

平成最後を締めくくったジンギが、令和最初の重賞『兵庫チャンピオンシップ』でJRAの強豪相手にどんな戦いをするのか楽しみでしかたない。

 

写真:斎藤寿一

4月号更新、田子ノ浦部屋ルポ!

4月号更新しました。(1日 15:00)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
クローズアップ:田子ノ浦部屋
タイトル:競馬場に相撲部屋がやってきた!
>CLOSE UPはコチラから

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コラム:青木るえか
タイトル:「競馬場の中に住む」
>コラムはコチラから

六甲盃2019フォトレポート

平成30年度を締めくくる重賞『六甲盃』が行われ、2番人気タガノゴールドが優勝。同厩舎で1番人気だったメイショウオオゼキをハナ差競り落として昨年の『姫山菊花賞』に続く重賞2勝目となった。鞍上の下原理騎手は通算54勝目の重賞勝ち。管理する新子雅司調教師はワン・ツーフィニッシュを決め、24勝目のタイトル獲得となった。

レース結果はコチラ>>>

 

◆出走馬

①タガノゴールド

 

②メイショウヨウコウ

 

③エイシンビジョン

 

④エイシンミノアカ

 

⑤エイシンホクトセイ

 

⑥トニーポケット

 

⑦マイフォルテ

 

⑧ヨイマチグサ

 

⑨スナークレッド

 

⑪クイントゥープル

 

⑪アリオンダンス

 

⑫メイショウオオゼキ

 

2400mの長丁場がスタート!

 

すぐにペースが落ちる。

 

エイシンビジョンがハナに立つ。

 

2番人気のタガノゴールドは絶好の3番手。

 

1番人気メイショウオオゼキは5番手を追走。

 

超スローで2周目に入る。

 

残り800mを通過。各馬徐々にペースアップ!

 

外目から追い上げを開始するメイショウオオゼキ。

 

インでロスなく脚をためるタガノゴールド。

 

最後の直線に向いて外から先に抜け出すオオゼキ。

 

内から満を持して末脚を伸ばすゴールド。

新子厩舎の2頭の対決!

 

同部屋決戦の行方は!?

 

わずかに内のタガノゴールドに軍配!!

 

表彰式では大関・髙安関がプレゼンターに。

 

大関とメイショウオオゼキは、ともに来場所の初優勝を期待しよう!

 

写真:斎藤寿一

1 2 3 4 5 6 60