logo

断然人気のオオエライジンが兵庫大賞典を制覇!

 『第50回兵庫大賞典』は、単勝1.1倍の断然人気に支持されたオオエライジン(牡6・寺嶋厩舎)が快勝。1月3日の『報知オールスターカップ』(川崎競馬場)以来の重賞勝ちとなり、通算10個目のタイトルを手にしました。

 成績はコチラ

 好スタートから3、4番手に付けたオオエライジンは、逃げるスマイルヴィジット、2番手のハルイチバンを見ながら余裕の追走。勝負どころで仕掛けて行くとスムースに反応。直線で前をアッサリ捉えて、2着のハルイチバンに2馬身半の差を付けて快勝。改めて地元No.1をアピールしました。

 鞍上の下原騎手は「早めに抜け出すと遊ぶ馬ですが、前に行く馬がしっかりしていたので安心でした。併せ馬になるとどこまでも動きますから(笑)」と自信たっぷりの騎乗で、早い段階で勝利を確信していたようです。

 先日『かきつばた記念』をタガノジンガロが勝ちました。ダートグレード制覇に一歩届かない現状のオオエライジンにとって、先を越された形になりましたが「対戦するときが楽しみです。いい勝負ができると思います」と直接対決に意欲十分の下原騎手でした。オオエライジン (1024x683)

兵庫県史上3頭目!タガノジンガロがダートグレード制覇!!

 4月29日、名古屋競馬場で行われた『かきつばた記念』(JpnⅢ・1400m)に出走したタガノジンガロ(牡7・新子厩舎)が、木村健騎手の騎乗でJRAの強豪相手に見事勝利!兵庫県所属馬としては、2001年の『兵庫チャンピオンシップ』を勝ったロードバクシン、2008年の『佐賀記念』を勝ったチャンストウライ以来、史上3頭目のダートグレード制覇となりました。

 成績はコチラ

 管理する新子調教師、開業2年足らずでの記録的勝利です。

 タガノジンガロはJRA出身。重賞の『マーチS(GⅢ)』4着、『アンタレスS(GⅢ)』5着の実績を持つバリバリのオープン馬。今年の1月18日の『雅ステークス』(11着)を最後にJRA登録を抹消。前走(3月27日)から兵庫県の所属となっていました。

 ダートグレード制覇によって、地方競馬の年度代表馬争いに名乗りをあげることになり、今後のローテーションが注目されます。

 関係者の皆さま、本当におめでとうございます!!
 
 チャージアドバンスでは、新子調教師のインタービュー記事を掲載(更新日未定)することにします。

WEBマガジン ”CHARGE ADVANCED” 本日創刊!!

237兵庫県のPR誌『チャージ』がWEB化されて、WEBマガジン『チャージAdvanced(アドバンス)』として生まれ変わりました。
ジョッキーやトレーナーのインタビュー、データ派編集長のこだわり抜いたレース攻略法を中心に、コラムや写真等を掲載。
馬券だけではない「競馬」の楽しみ方を色々と提案させていたたきたく、スタッフも燃えています。

1 38 39 40 41