logo

寺地騎手のインタビュー

クローズアップコーナーの更新!

寺地騎手のインタビュー記事はコチラです。

寺地騎手

その金ナイターをお楽しみいただき、ありがとうございます!

 ナイター開幕の5月16日、園田競馬をお楽しみいただきまして、誠にありがとうございます。

 今後も毎週金曜日に開催される“その金ナイター”をどうぞよろしくお願いします!!

 お昼間の開催となる水曜日と木曜日もお楽しみください♪

その金ナイター開幕やで~

その金ナイターいよいよ開幕!!

開門は午後2時 メインレースは午後7時55分 最終レースは8時30分

イベント盛りだくさんでお届けします!

↓↓イベント詳細はコチラ↓↓

その金イベント

ちっちゃいおっさんも、どぶろっくも来るでぇ~!!

トーコーニーケが『のじぎく賞』を快勝!

 5月15日、園田競馬場で行われた『第52回のじぎく賞』(稍重・1700m)は、単勝1.1倍の断然人気に支持されたトーコーニーケが快勝。重賞3連勝で、通算4個目のタイトルを獲得しました。川原騎手は通算97勝目の重賞制覇。

成績はコチラ

 『兵庫チャンピオンシップ』で地方馬最先着(6着)を果たした高知のクロスオーバーが、中8日の厳しいローテーションで再び園田へ輸送競馬。それでもハナを奪ってレースを引っ張る展開に。2番人気のコパノバウンシ(大井)、プレシャスベガが2、3番手。それを見る形で絶好の4番手に付けたトーコーニーケ。

 「位置取りにはこだわらず、周りを見ながら競馬すればいいと思っていました。スタートが決まるか決まらないかというところだけで、あとは安心していました。道中は余裕ってわけじゃないですけど、自分との闘いで、焦らずにゆっくり馬とのリズムを崩さないようにだけ考えていました」と川原騎手。

 逃げるクロスオーバーが2、3番手の各馬を振り切って逃げ込みをはかる。それにただ一頭並びかけたトーコーニーケ。直線抜け出して、渋太く食い下がるクロスオーバーを2馬身半突き放して完勝。最後方からようやく追い込んできたユノエスケープ(3番人気)はさらに3馬身離されての3着という結果。コパノバウンシは、ズルズル後退してしんがり負けを喫してしまった。

 地方競馬世代別女王決定戦『GRANDAME-JAPAN2014』3歳シーズンは、いよいよ『関東オークス』(6月11日・川崎2100m)を残すのみ。ポイントでトップに躍り出たトーコーニーケは、総合優勝をほぼ手中に収めたと言えるでしょう。

 ポイントなど詳しくはコチラ

 吉行調教師は昨年、兵庫県から善行人命救助者に贈られる『のじぎく賞』を受賞していました。今年は管理する愛馬で、見事に制覇してみせ、変則ながら2年連続『のじぎく賞』トレーナーに輝くことになったのです。

1 42 43 44 45 46