charge advanced

園田・姫路競馬開催スケジュール

  • 園田開催日
  • 園田ナイター開催日
  • 姫路開催日
  • 2/28
  • 3/1
  • 3/2
  • 3/3
  • 3/4
  • 3/5
  • 3/6
  • 3/7
  • 3/8
  • 3/9
  • 3/10
  • 3/11
  • 3/12
  • 3/13
  • レース情報を見る
  • 年間カレンダーを見る
  • 園田開催中
  • 他場発売
  • wins難波
  • wins神戸
  • DASH
最新馬場情報
準備中

2021年2月1日

第50回神戸新聞杯『白鷺賞』が行われ、断然の1番人気に支持されたジンギが7馬身差で圧勝。昨年の年度代表馬が今年も好発進した。同馬はこれで重賞5勝目。騎乗した田中学騎手は通算58勝目の重賞勝ち。管理する橋本忠明調教師は通算30勝目のタイトル奪取となった。

 

 

レース結果はコチラ

 

◆出走馬

 

①アンバラージュ(佐賀) 鮫島克也騎手(佐賀) 4番人気

 

②タガノジーニアス 下原理騎手 3番人気

 

③ナムラヘラクレス 吉村智洋騎手 5番人気

 

④マイネルプリサイス 川原正一騎手 8番人気

 

⑤ジンギ 田中学騎手 1番人気

 

⑥サージュ 鴨宮祥行騎手 9番人気

 

⑦オオエフォーチュン 広瀬航騎手 7番人気

 

⑧ショートストーリー(高知) 赤岡修次騎手(高知) 2番人気

 

⑨エイシンミコノス(名古屋) 小谷周平騎手 11番人気

 

⑩トイガー 大柿一真騎手 6番人気

 

⑪シゲノブ(名古屋) 笹田知宏騎手 10番人気

 

⑫コウエイワンマン(名古屋) 井上幹太騎手 12番人気

 

抜群のスタートを決めたのはジンギだった。

 

先手を奪ってスローに抑える。

 

2番手にエイシンミコノス、3番手にタガノジーニアス。

 

ショートストーリー、ナムラヘラクレスは中団。アンバラージュは後方からとなった。

 

2週目の向正面で、高知のショートストーリーがスローな流れを嫌ってマクり切る。

 

盛り返すジンギが3コーナーで再び先頭に。

 

さらに突き放して4コーナー。タガノジーニアスは後退。

 

ナムラヘラクレスとマイネルプリサイス追い上げて2番手に迫る。

 

直線に向いてさらにリードを広げるジンギ。

 

 

ショートストーリーは脚があがり後退。ナムラヘラクレスが2番手に。

 

独走となったジンギ。

 

7馬身差をつけて圧勝。格の違いを見せつけた。

 

「前回からスタートが速かったので、今回も(ハナに)行けたら行こうと思っていました」と振り返った田中学騎手。

 

「名古屋大賞典を目指したい」と今後のプランを掲げた橋本忠明調教師。

 

年度代表馬の強さを改めて示したジンギ。遠征して強豪との対戦に胸が躍る。

 

写真:齋藤寿一