charge advanced

園田・姫路競馬開催スケジュール

  • 園田開催日
  • 園田ナイター開催日
  • 姫路開催日
  • 10/26
  • 10/27
  • 10/28
  • 10/29
  • 10/30
  • 10/31
  • 11/1
  • 11/2
  • 11/3
  • 11/4
  • 11/5
  • 11/6
  • 11/7
  • 11/8
  • レース情報を見る
  • 年間カレンダーを見る
  • 園田開催中
  • 他場発売
  • wins難波
  • wins神戸
  • DASH
最新馬場情報
準備中

2021年10月26日

昨年から西日本交流となった『兵庫クイーンカップ』が行われ、1番人気に支持された名古屋競馬のシーアフェアリー(牝6・安部幸夫厩舎)がその人気に応えて優勝。夏の『兵庫サマークイーン賞』に続いて、兵庫での重賞連勝を果たした。騎乗した岡部誠騎手は通算7度目の兵庫重賞制覇。管理する安部幸夫調教師は2勝目の重賞制覇となった。

 

 

レース結果はコチラ>>>

 

◆出走馬

 

①ナナカマドカ 下原理騎手 2番人気

 

②シーアフェアリー(名古屋) 岡部誠騎手(名古屋) 1番人気

 

③カリブメーカー 吉村智洋騎手 5番人気

 

④ゴールドメファ(佐賀) 大山真吾騎手 3番人気

 

⑤マコトパパヴェロ 田中学騎手 10番人気

 

⑥モハー 広瀬航騎手 9番人気

 

⑦チャービル 中田貴士騎手 11番人気

 

⑧ユウキラフェール 杉浦健太騎手 8番人気

 

⑨ミスカゴシマ(佐賀) 石川慎将騎手 7番人気

 

⑩エスケイエンジェル(高知) 赤岡修次騎手 4番人気

 

⑪ニジイロ 笹田知宏騎手 12番人気

 

⑫トゥルスウィー(佐賀) 山口勲騎手 6番人気

 

モハーやゴールドメファが若干遅れたが、ほぼ揃ったスタート。

 

絶好のスタートを切ったのはナナカマドカだったが、ダッシュを利かせてエスケイエンジェルがハナに立った。

 

1番人気のシーアフェアリーが2番手まで押し上げた。トゥルスウィー、ナナカマドカなどが続いた。

 

昨年2着のカリブメーカーはいつもよりも前のポジション。昨年3着のユウキラフェールは中団に取り付いた。

 

2週目の3コーナー付近では逃げていたエスケイエンジェルが失速。シーアフェアリーが早々と先頭に躍り出た。

 

向正面から一気に動いたユウキラフェールが急接近。

 

好位の内で脚を溜めていたカリブメーカーも満を持して直線で追い上げる。

 

それでも地力に勝るシーアフェアリーが最後は一杯になりなりながらもしぶとく粘って優勝。

 

 

昨年同様、カリブメーカーが2着、ユウキラフェールが3着という結果となった。

 

シーアフェアリーにとって、2度目の重賞勝利となった。

 

名古屋の名手、岡部誠騎手のは兵庫での7勝目のタイトル獲得。

 

騎手としても園田遠征で活躍した安部幸夫調教師は、シーアフェアリーとともに園田で重賞2勝目。来年に向けても参戦の意欲を示した。

 

写真:齋藤寿一