charge advanced

園田・姫路競馬開催スケジュール

  • 園田開催日
  • 園田ナイター開催日
  • 姫路開催日
  • 10/29
  • 10/30
  • 10/31
  • 11/1
  • 11/2
  • 11/3
  • 11/4
  • 11/5
  • 11/6
  • 11/7
  • 11/8
  • 11/9
  • 11/10
  • 11/11
  • レース情報を見る
  • 年間カレンダーを見る
  • 園田開催中
  • 他場発売
  • wins難波
  • wins神戸
  • DASH
最新馬場情報

2020年10月20日

2歳重賞『第13回 兵庫若駒賞』が行われ、2番人気のツムタイザンが2着以下に8馬身の差をつけて圧勝した。同馬はこれで3戦3勝となり、無敗で重賞ウイナーに輝いた。騎乗した杉浦健太騎手は同レースをマイタイザン以来5年ぶりに制覇。通算では13勝目の重賞勝ちとなった。管理する大山寿文調教師は、重賞初出走で見事に重賞制覇を成し遂げた。

 

 

レース結果はコチラ

 

◆出走馬

 

①ラティ 永森大智騎手(高知) 10番人気

 

②フセノチェリー 下原理騎手 4番人気

 

③スマイルサルファー 大山真吾騎手 6番人気

 

④ツムタイザン 杉浦健太騎手 2番人気

 

⑤ナットグレースワン 田野豊三騎手 5番人気

 

⑥ラブリーテン 吉村智洋騎手 8番人気

 

⑦マルカフォルトゥナ 田中学騎手 3番人気

 

⑧オンドレースンドレ 長谷部駿弥騎手 12番人気

 

⑨シェナキング 川原正一騎手 7番人気

 

⑩アイルビーゼア 笹田知宏騎手 1番人気

 

⑪ハリマフウジン 大柿一真騎手 11番人気

 

⑫ストーク 松木大地騎手 9番人気

 

スタートでストークが落馬で競走中止となる波乱の幕開け。

 

注目の先行争いは、2番人気のツムタイザンが逃げ、1番人気のアイルビーゼアが2番手につける展開に。

 

フセノチェリー、マルカフォルトゥナがそのあとに続き、人気どころが上位を占めた。

 

スマイルサルファー、ナットグレースワンは中団からの競馬。

 

人気2頭が速い流れを作りペースは緩まない。

 

それでも軽快に先頭を譲らないツムタイザン。

 

逆にプレッシャーをかけていたアイルビーゼアが後退。

 

その後ろにいたフセノチェリーに展開が向いたが、意外にも伸びあぐねる。

 

益々快調に逃げ脚を伸ばすツムタイザン。

 

最後は8馬身の差をつける大楽勝!2着には中団から追い上げたスマイルサルファーが食い込み、アイルビーゼアはなんとか3着には踏みとどまった。

 

2歳重賞で8馬身差をつけたのは兵庫県競馬では最多着差。

 

ツムタイザンは、3戦3勝で2歳王者の座をグッと引き寄せた。

 

杉浦健太騎手は、マイタイザンに続く5年ぶりの同レース制覇となった。

 

開業2年目の大山寿文調教師は、初めての重賞挑戦であっさり重賞タイトルを手にした。

 

 

現時点で同馬に対抗できる地元馬は見つからず、来年のクラシック戦線まで中心的存在となるのは間違いないところだ。

 

写真:齋藤寿一